第1期において最後の短編作品ですね、「午前4時40分の銃声」に続いて懐かしい作品。続きを読む