ラッ金田一ジャーナル

「ラッ金田一ネットワーク」のブログ版。漫画『金田一少年の事件簿』の情報や推理を掲載していきます。

金田一少年の事件簿カレンダー

  • 「金田一二三誘拐殺人事件」、そして『R(リターンズ)』シリーズに幕!金田一は新天地へ!
  • 金田一少年が大人になる!? イブニングに掲載誌を移し、2018年1月23日(火)より新展開! [イブニング]
  • マガジンポケットにてスピンオフ『金田一少年の事件簿外伝 犯人たちの事件簿』連載中
  • 講談社青い鳥文庫にて小中学生向け新シリーズ『金田一くんの冒険』が2018年1月スタート [天樹先生Twitter] [Amazon]
  • 2017.11.17(金)コミックス『金田一少年の事件簿R』第14巻 発売 [Amazon]
  • 2017.11.17(金)コミックス『金田一少年外伝 犯人たちの事件簿』第1巻 発売 [Amazon]
  • 2018.01.23(火) 『金田一 “大人版”』イブニング 2018年4号より連載スタート
注目の記事・カテゴリ このブログはお休み中です→ [週刊連載推理、休止のお知らせ] [ブログの今後について]

金田一少年の1泊2日小旅行

『金田一R』第8巻&『1泊2日小旅行』第2巻は'16年1月15日(金)発売

『金田一少年の事件簿R』第8巻が、2016年1月15日(金)発売予定であることが分かりました。
講談社サイトの発売予定表でも確認できます。
現在連載中の「人形島殺人事件」の幕開けが収録されるものと思われます。

また、マンガボックスにて連載中のスピンオフコメディ『金田一少年の1泊2日小旅行』の第2巻も、同日1月15日(金)に発売されます。
1話あたりのページ数が少なく、不定期更新のため、およそ1年4ヶ月ぶりの新刊になります。

週刊少年マガジン19号に『1泊2日小旅行』特別編が出張掲載

『金田一少年の事件簿R』本編の連載は、現在休載中で、次週4月15日(水)発売の20号より新シリーズが開幕する予定ですが…

現在発売中の週刊少年マガジン 19号には、スピンオフ『金田一少年の1泊2日小旅行』の特別読み切り編が、マンガボックスから出張掲載されています。
マンガボックスではシリーズ第1作「オペラ座館殺人事件」から順に事件の舞台を巡る珍道中が描かれていますが、今回の特別編ではまだ完結して間もない「狐火流し殺人事件」をテーマにした作品になっています。

今後、この特別編が『金田一少年の1泊2日小旅行』コミックスにも収録されるのかは分かりませんが、気になる方は今週号からマガジンを手に取ってみてはいかがでしょうか。
金田一少年の1泊2日小旅行(1) (講談社コミックス)金田一少年の1泊2日小旅行(1) (講談社コミックス)
あわ箱 天樹 征丸

金田一少年の事件簿R(3) (講談社コミックス) 明智警部の事件簿(1) (講談社コミックス) 金田一少年の事件簿R(5) (講談社コミックス) 金田一少年の事件簿R(4) (講談社コミックス) 明智警部の事件簿(2) (講談社コミックス)

by G-Tools

コミックス『R』第3巻&『1泊2日小旅行』が9月17日(水)発売、コンビニ廉価版も

9月のコミックス発売情報が発表されました。

それによると、昨日お伝えした通り『金田一少年の事件簿R』コミックス第3巻に加え、『金田一少年の1泊2日小旅行』コミックス第1巻も同日9月17日(水)発売予定であることが分かりました。

『金田一少年の1泊2日小旅行』はマンガボックスで連載中のスピンオフコメディ作品。
作画はあわ箱先生。
オペラ座館から始まって毎回、順番にこれまでの事件の舞台を小旅行。メタネタ満載の本音や思わぬ人物の再登場、時には原作を逸脱するような一面も覗かせる内容になっています。
本日7月18日(金)時点での最新話は、第9話の飛騨からくり屋敷編。
発売予定のコミックスに第1巻の表記があることから、しばらくは続くものと思われます。

また、9月はコンビニ廉価版「講談社プラチナコミックス」シリーズも2冊刊行されます。
9月10日(水)に「飛騨からくり屋敷殺人事件 アンコール刊行」、9月24日(水)に「速水玲香誘拐殺人事件 アンコール刊行」が発売されます。

『金田一少年の1泊2日小旅行』スタート

マンガボックスにて、スピンオフ作品『金田一少年の1泊2日小旅行』の配信が始まりました。
あわ箱先生によるコメディー作品とは宣伝されていましたが、どんな内容になるのだろう…と気になっていましたが。


今回配信された第1話が「オペラ座館 湯けむり事件」。
そして次回予告の文言が「異人館村でマーシャルアーツ!!」。

と言うことで過去の事件で舞台となった場所を毎回再び訪れて振り返る構成になるようです。
その過程で、メタ的な発言な飛び出したり、本編にはない表情を見せたり。ネタバレも普通に出てきて驚きました。

と言うことで以降、本作と『オペラ座館』(主に『オペラ座館 第三の殺人』)のネタバレがありますので、「続きを読む」で区切ります。続きを読む
最新コメント
記事検索
  • ライブドアブログ